インプラントと先進医

インプラントと先進医療

先進医療のインプラント

歯が根元から無くなってしまった場合に、それを治療する方法にはブリッジ・入れ歯・インプラントの三つの方法があります。ブリッジは一本の歯が失われた場合にその隣りの歯が残っていれば、それを支柱にして人工歯を固定して治療する方法となります。入れ歯はこれも一本の歯が失われた状態で、両隣の歯に留め金を利用することで人工歯を固定します。このブリッジと入れ歯による方法は保険が適用され、安く治療を行うことが可能です。ただ先進医療でもあるインプラントの場合は、顎骨に人工歯根を埋め込み人工歯を固定することとなりますが、これについては保険外の自費診療となります。

インプラントは歯科の先進医療

インプラント治療は、世界でも歯科の先進医療と言われており、我が国においては、自由診療扱いで、保険外治療となってしまうため、治療費としては若干高額となってしまいます。しかし、入れ歯やブリッジとは違って、歯茎を切開し、歯柱を埋め込むという外科手術を伴うもので、機能性は著しく高く、本物の歯と同じように使え、硬いものでも噛みちぎることができます。インプラントは、メンテナンスさえ怠らなければ、半永久的に使用することができるので、多くのメリットがあり、歯科医師も推奨しています。しかし、かなり高度な治療でもあるので、病院選びは慎重に行いましょう。

新着情報

↑PAGE TOP